Find

木の家を知ろう

石川県の森林は、その面積の69%を占めています。 その中で建築に使用されるために植栽された人工林は県内におよそ10万ha。 こうした県内の人工林では年間90万立方メートルを超える木材が成長しますが、 県産材として使用する量はわずか13%に過ぎません。石川県の県産材も、同じ雨や風、雪や湿度と共に年輪を重ね、わたしたちと一緒に年を重ねてきました。地域の風土にあった地元の木を使いって住まいを建てることは、家族にも環境にもやさしい住まいのかたちです。
 Learn

家づくり勉強会

家づくりには様々な夢があります。でも悩みも多くかかえていませんか?
せっかく家を建てるのに悩みをそのままにしておくのは、家を建てた後で後悔につながるかもしれません。
ダイイチでは、木材に関して「山からの切り出し、丸太の選定、製品になるまでの工程」のすべてを見学、家づくりの重要ポイントを勉強して頂き、知りたかったみなさんの質問や悩みにもお答えします。「安心できた」「よく理解できた」と参加者から大好評の講座です。 参加はどなたでも無料。お早めにお申込ください!!
 Blog

朝日社長のブログ

2020.03.24
いしかわの森で作る住宅推進事業

住宅の新築・増改築をお考えの方、県産材を利用することで、助成金をご利用いただけます! 申請の条件はありますが、沢山お使いいただくほど助成額も増え、最高で50万円までの助成額になります。 木を沢山使った家を建てたい方、木の香りのする家に住みたい方、...

more