こどもみらい住宅支援事業で内窓工事

こどもみらい住宅支援事業とは、簡単に言うとリフォームや新築で、省エネ性能の要件が合えば補助が受けられるという制度です。

例えば内窓を入れるなどの断熱工事や、バリアフリー改修工事、空気清浄機能・換気機能付きのエアコン設置などが対象です。

※その他にもたくさん対象の工事があります。詳しくは→ こちら(国土交通省リーフレット)

今ですと、暑い夏に向け、エアコンの買い替えを検討されている方などにはちょうど良い制度ですね。

 

ダイイチでは今回、K様邸の内窓工事に補助金を申請させていただきました。

Before・内窓取付前

After・取付後

以前からのサッシの内側に、新しいサッシを取り付けています。

サッシが二重になった部分に空気の層ができ、熱が伝わりにくくなり断熱効果が高まる仕組みです。

寒い冬も温かく過ごせますし、夏もクーラーの効きがよくなるので1年を通して快適に過ごせますよ。

リビングや縁側などの大きな開口部があるところの他、防音効果もあるので寝室などにもおすすめです。

 

今回の補助事業、具体的な金額としては、サッシのサイズによって補助金額が決まっており、

上の写真のような大きいサッシですと1か所あたり21,000円、

最初の写真のような小さいサイズの窓は1か所あたり14,000円の補助が受けられました。

冬の寒さが厳しい石川県には、とてもありがたい補助金ですね。

 

リフォーム、新築、どちらも補助金が使えますので、お気軽にご相談ください。

せっかくの補助制度、ぜひ利用しましょう。

 

 

関連記事

  1. 住宅の考え方

  2. 軒先の瓦が落ちています

  3. 消化剤が排水溝に流失

  4. 解体工事

  5. 年末のご挨拶

  6. 適切なアドバイス

PAGE TOP