地域材の利用促進計画

平成27年度の補助金導入予想のひとつとして『地域材の利用促進計画』があります。この地域材の促進計画は、林野庁が計画予算を5億円計上しています。50グループへの配分で、1グループ1000万円の補助金が当たります。これを利用して、これからの木造住宅のあり方を、例えば大黒柱を300×300を使い、通し柱は180×180を使用して、構造材もワンサイズ大きいものを使用して、地震、台風にも安心できる住宅を提供できることに使うのも、一案だと考えています。

関連記事

  1. 現場写真

  2. 杉の柱は良いですね

  3. 住宅取得資金に係る贈与税の非課税措置

  4. こどもみらい住宅支援事業で内窓工事

  5. 屋根材は瓦が一番

  6. 新型コロナウイルス

PAGE TOP