地域材利用拡大キャンペーン

石川県では、県内に建築する住宅に、杉、能登ヒバ、ヒノキ、地松(赤松)の地域材を構造材(梁、桁、柱、間柱、筋違、母屋、束、土台、大引、火打)に使用した住宅に対して、30万円相当の構造材を支給する『地域材利用拡大キャンペーン』を始めました。平成27年5月1日から平成27年9月30日までに上棟された住宅が対象です。詳しくは『家づくり勉強会』でお話しますので、お気軽にお越し下さい。

関連記事

  1. 今年もお世話になりました

  2. 住環境アドバイザーの松岡氏来る

  3. 結露を防ぐ方法

  4. 間伐材の柱はどうですか?

  5. 冬前に、屋根瓦の点検を!

  6. シロアリの季節

PAGE TOP