床の湿気の点検を

先日お客様より「縁側を歩いていると、床がブカブカして抜けるんじゃないかと心配です。一度見てもらえませんか?」というお電話をいただきました。

早速お伺いすると、 築35年ほど経ち、縁側の床の一部が、接着剤が湿気で劣化してしまいブカブカになっていました。

縁側の基礎に風を通す換気孔が無いため、床下に湿気が溜まり大変な状態になっていたので、お客様に説明をさせていただき、今回は換気孔を取付け、床板の張り替えをすることになりました。

皆様も一度、床下に湿気が溜まっていないか、点検をしてみて下さい。

ご自分では見られないという方は、ダイイチまでお気軽にご相談下さい。しっかり点検させていただきます。

関連記事

  1. 結露を防ぐ方法

  2. 無垢の木に対するこだわり

  3. 講習会

  4. 次世代住宅ポイントについて

  5. こどもみらい住宅支援事業で内窓工事

  6. いしかわの森で作る住宅推進事業

PAGE TOP