強風の後は点検を!

先週の強風はすごかったですね。

運転中道路に段ボールが転がってきたり、大きいビニールが飛んできて電線に引っかかっていたりなど、

外にいると恐怖を感じるような風の強さでした。

最大瞬間風速は白山河内で29.1メートルと、3月の観測史上最大を記録したそうです。

 

週明けからは強風の被害に遭われたお客様より、瓦の破損や雨樋の外れ、外壁の修理等のご依頼を頂くことが

とても多くなっています。

強風や大雪の後などは、瓦のズレや、破損、雨樋やトタンの外れ等、お家の屋根や外壁とその周りを

一度よくご点検頂くことをお勧めします。

 

特に屋根は、普段でも見る機会がないため、知らないうちに壊れていることが多いところです。

破損が見つかった場合、放っておくと瓦の落下の危険が増したり、

破損部分からの水漏れで内部の構造までもが傷んでしまったりと、どんどん状況が悪化していってしまいますので、

なるべく早いうちに修理をして頂くのが良いかと思います。

特に今回のような自然災害ですと、火災保険が使えますので、そちらを利用されると良いですね!

 

ダイイチにご連絡いただければ、お家の隅々まで点検をし、詳しい状況をご説明いたします。

面倒な保険の手続きもお任せください。どうぞ、お気軽にご相談下さいね。

 

関連記事

  1. 間伐材の強度

  2. ウッディーフェア

  3. 間伐材の柱はなぜだめですか?

  4. 木材利用ポイント

  5. 雪の被害

  6. 木材利用ポイント

PAGE TOP