2020年に向けての取り組み

建築基準法が2020年からかなり変わります。「長期優良住宅」「認定低炭素住宅」「ゼロエネ住宅」の基準がベースになるようです。先週の木曜日(4月7日)金沢で講習会があり今後の取り組みついて話を聞いてきました。今までとの違いは、サッシを樹脂サッシにする事、断熱材をより効果のあるものを使用すること、設備は節水式のもを使用すること、電気はLEDを使用すること、居室に関してはエアコンの設置をすることなどが義務となります。わが社に於いては新築に関しては、2020年基準に合わせて施工していきます。2020年までの新築に関しては補助金の対象になります。

関連記事

  1. 住宅取得資金に係る贈与税の非課税措置

  2. コウモリの被害

  3. 間伐材の柱はなぜだめですか?

  4. エネルギーをなんにするか

  5. 強風で外灯が外れています

  6. 強風の後は点検を!

PAGE TOP